声優への道を目指す~学校一覧からの選び方~

舞台稽古での指導

声優の専門学校では、声だけを使った演技だけではなく、舞台での稽古も行ないます。カリキュラムとして、マイクの前で声の演技をするだけだろうと考えていた多くの人は戸惑うものですが、こうした舞台での演技は、声の演技をする上で重要なものとなるのです。元々声優という仕事は舞台でも活躍する俳優が行っていたものでした。舞台では体の動きや表情による演技の他にも、情感をたっぷり込めた声の演技も行なうものです。舞台の演技ではセリフを噛むことは許されず、なおかつ誰にでも聞き取りやすいようハッキリとした発音と声量で演技を行わなければならないため、声優として声だけの演技であっても、きちんと聞き手である視聴者に声を吹き替えているキャラクターの感情を伝えることが出来たのです。現在でもこうした舞台俳優として経験を積んだ声優は最前線で活躍しており、きちんとした演技力を付けるためには、舞台での稽古は必須であるのです。身体を使っての演技を覚えることで、より演じるキャラクターの感情も理解することが出来るため、アフレコ現場でも身体の動きを脳内でトレースしながら自然な演技が出来るでしょう。さらに、舞台稽古によってきちんとした発声練習なども行えるため、腹式呼吸によってハキハキとした聞き取りやすい声を出すことができるようになるでしょう。

声優の専門学校では、舞台稽古を行わせることによって、アフレコ現場でも冷静に演技ができる心構えが備わります。専門学校にもアフレコ現場を模したレコーディングルームがありますが、学校内では楽しんで演技が出来たとしても、実際のアフレコ現場では楽しむ余裕はありません。少しでも演技を間違えてしまうとまた初めから撮り直しとなるため、スタッフや同じ共演者の人にも多大な迷惑を掛けてしまうからです。声優の専門学校では、そういった現場でも堂々と演技ができるよう指導してくれます。舞台での演技も、アフレコ現場と同様に一発勝負となるため、緊張に負けない経験と心構えを身に付けられます。演技を行なう場合、キャラクターになりきるための集中力が必要となります。冷静な心を保つことにより、高い集中力で熱のこもった演技を行なうことができるでしょう。